没入型の部屋バーチャルリアリティシステム: 完全な没入体験を実現する立体視ソリューション。

没入型の部屋とは?

没入型の部屋バーチャルリアリティ システムは部屋いっぱいに広がる高度な立体視ソリューションです。高解像度・立体視プロジェクター・3次元コンピュータグラフィックスが備わっており、仮想空間における完全な没入体験を実現します。

  • 自分や他人の手を確認しながら空間に浮かぶ3Dモデルを体感
  • モデル間の距離に関するデータを分析
  • 実物大の環境内を移動
  • 完全に統合された表示装置、ソフトウェア、コンピューティング、サポートソリューションを利用してデータ分析を実施

標準的な没入型の部屋構成

標準的な没入型の部屋構成には以下の装置が含まれています:

  • 背面投影用壁面
  • 下部投影用床面
  • -壁取付トラッキングセンサー
  • ビデオ

没入型の部屋ユーザーは、立体視として知られる手法で3次元イメージを表示する、バーチャルリアリティ用メガネを装着します。3D効果は片目に1つずつ、つまり2つのイメージを表示して表現され、脳は物体の奥行きを認識することができます。没入型の部屋内で人間のアクションを記録するトラッキングシステムの援助によりユーザーの視点を明確にし、正しい遠近感でイメージを表示します。

TechViz 没入型の部屋

TechViz CAVE Immersive Showroom
TechViz CAVE - VR Showroom